スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年08月04日

ACM製M7A1メカボ開封01

今回は一応これらのパーツを用意しておきました。
スプリングとギアは有無も言わさず交換でその他は様子を見ながらです。

メカボ開封までの手順はAEG製とまったく同じです。
変わってる点といえばグリップの配線取り回しくらいでしょうか。
最近の中華銃ってこのパターン多いなあ。
モーターは久々に机モーターでしたw


メカボ開封
軸受けは7mmベアリングでしたが、固着されてない為開封時に外れてます。
加速シリンダーでした。
それといって特徴のない強化メカボです。

今回もSHS製強化ギアを入れますので、干渉する部分を削ります。
全てのパーツを外して軽く洗浄した後、2箇所をリューターで削りました。
Before

after

before

after

削った箇所も含めて耐水ペーパーとピカールで仕上げます。

それなりに仕上がったら、軸受けを瞬間接着剤で固着します。
ブラシ付きの細かい部分に塗るのに便利です。
私はこれを薦められて使ってます

スプリングはSHSM100に交換
スプリングガイドはELEMENT製ベアリング付に交換
ギアはセクターを引き始めを2枚カットしてDA製チップを装着しました。

ピストンはSHS製14枚歯とELEMENT製樹脂製ヘッドに交換
タペットプレートはか弱かったのでSHS製強化タイプに交換
それ以外は気密も取れてましたのでこのままいきます。
仮組みなので配線もそのままでいきます。

モーターをSHS製ハイトルクにして試射
9.6Vニッスイ 0.2gで計測

初速もセクカ2枚でちょうど良かった(・∀・)

問題点
セミオートがフルになる。
カットオフレバーを再度チェックして多分交換です。
ベベルギアの鳴きが時々出る。
配線
この辺を踏まえて次回調整していきます。  


Posted by あんP  at 23:51Comments(4)ACM製M7A1

2012年08月04日

ACM製M7A1到着とレビュー


表題の通り香港より到着しました!
箱ボロボロなのはスルーして早速開封して気になる点をチェックしていきます。


プリントですが、無事刻印入り
KA製を見た後だと作りが粗いのが気になりますけど安いですからね。
バッテリーはストックパイプ用が入ってました。
多分リポだと思いますが、メテオすると困るので窓から投げ捨てました(嘘

M7といえばノベスケハイダーが特徴で譲れない箇所ですが。。。
比較画像
ACM純正

MADBULL製

ACM純正 豚面

MADBULL製 豚面

逆に印刷されてますやん・・・
というわけで気になって仕方ないのでハイダーをまず調整します。
もちろんMADBULL製に交換です(;´Д`)
ワッシャーを1枚かましてみましたが、微妙に刻印がずれるのでヤスリでワッシャーの厚さを削って
調整していきます。

無事定位置に。
そいえばAEG製のレイルがぐらつき凄かったけど、これはいい感じにガッチリはまってました。

ギアをハイスピにする位で後はAEG製と同じようにカスタムしていくつもりです。
土日じっくり時間が取れそうなので完成しちゃうかも!?  


Posted by あんP  at 12:24Comments(0)ACM製M7A1