スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年08月23日

G&P sentry バレル洗浄と計測

とっとと撃ちたい気分をぐっとこらえてチャンバー回りです。
チャンバーとバレルを分離させてバレルクリーニングです。
私は中でほつれにくいキッチンペーパー使ってます
ちゃんとキレイにできますよ

HOPパッキンを交換し必要な箇所にだけシリコンスプレーを拭き
元に戻します。

そしていよいよ計測
今回も7.4Vリポ 0.2gバイオ NO HOPです
まずはセミ
初速希望通りになりました
M120は立ち上がりが悪いと聞いてましたがそんな事もなく
パスパス切れます。
リポと相性よさそうですねこのモーター

次はフル
あきらかに音が違います。
このモーターびっくりする位速いですw
3000円くらいで買えるならメインで使ってもいいかも

この後数マグ試射しましたが作動に問題無し
内部はとりあえずこれで完成とします。
あとは外装を弄っていきますね。
この後控えているカスタムはこのサイクルを超えるカスタムします
そのために強烈なモーターを注文したので届くのが楽しみです。
ご清聴ありがとうございました。  


Posted by あんP  at 00:05Comments(0)G&P sentry(MAGPUL)

2012年08月22日

G&P sentry メカボ開封と調整

これぞM4という位特別なギミックもありませんから
メカボまでの写真は省略
1つだけ気になったのはココ
モーターと配線がネジで固定されてます
太い線使ってるからはずれやすいんですかね
取り外しは面倒ですが、1つトラブルの原因が無くなるので私は気に入りました。

付属のモーターはコスパ高いと評判のハイスピモーター
M120が入ってました。
ピニオンが弱いとよくネットに書いてありますけど、ロットによって違う可能性もありますから
今回はそのまま使ってみます。

あと見にくいですけど。グリップがネジ4つで固定されてました。
それだけM120のパワーがすごいのか・・・ゴクッ

ロックピンが異様に固かったのですが、グリップを外すと驚く程簡単に外れました。
というわけで早速メカボ開封です。

グリスがパーツと合わせてなのか真っ赤でした
パーツを全て外して洗浄しました。
ギアに干渉しそうな箇所を削った後、軽く磨きます。
その後瞬間接着剤で軸受をしっかり固定しました。

今回もお約束のSHS製13:1ギアを使います。
引き始め2枚開放1枚カット加工を施しました。
その後シム調整します。

後は用意していたパーツを組み込んでいきます。
今回も秋田の武器商人さんにお世話になりました。
まずはタペットプレート
DA製 処分価格で買ったのが偶然他のパーツと同じ赤になりましたw

純正はフルシリンダーでしたので、加速タイプに交換です。

スプリングは最近定番化してるDA製のM100です。

スプリングガイドはDA製のベアリング付にします

ピストンは前日に用意しておいたSHS14枚歯です。
ピストンヘッドのネジ部分はネジロック剤を使ってあります。

部品を用意してなかったので交換できませんでしたが
スイッチ部分も少し作りが雑で接点部分がおかしい気がします。
様子を見てみます。

あと写真では見にくいですが、トリガーのバネがL字型なのですが
そのL部分を差し込む箇所がメカボ側にないのでスイッチ関連に干渉しそうです。
なのでプチンと切って通常の形にしてしまいましたw

というわけで今回使った純正パーツは・・・
ノズルと逆転防止ラッチとスイッチと配線となりました。
配線はかなり太いのを使ってますから通電効率は期待できそうですね。
メカボを閉めてレシーバーに組み込みます。
そして純正グリップは手の大きな私には持ちにくいのでマグプルのMIADタイプに交換しました。
んで試運転

7.4Vリポでこの速さ
M120良いですねちょっと見直しました。
試射が楽しみです。

続く  


Posted by あんP  at 21:47Comments(2)G&P sentry(MAGPUL)

2012年08月22日

G&P sentry 到着!


税関をなかなか通らなかったG&Pのsentryがやっと届きました。
今回は関税がかかりました

あれやこれやと併せて1100円
まぁそれを含めても日本で買うよりだいぶ安いので良しとしましょう。
箱が経費削減の為かただのダンボール
でも正式ライセンス商品使ってるぜ!のステッカーだけ端っこにw

少しテンションが上がったとこで開封

KINGARMSの時のようなきちんとしたパッケージを期待したんだが(;´Д`)
しばし絶句後気を取り直して取り出して撮影
グリップ
レイルカバー
マガジン
ストックカバー

レシーバーの質感などはさすがG&P
なかなか重量感もあって気に入りました。
そしてこれの為に買ったといっても過言ではないマグプルマークもしっかりしてます。

セレクターも独特なあの刻印があります
ここも中々の完成度です。

続いて裏面
こちらも良い感じです。
アッパーはVLTORですからあの刻印がチラッとみえます。
G&Pの特徴なのかボルトカバーは閉じません。
ボルトキャッチリリース機能もついてない
この2点はかなりのマイナスポイントですね。
加工すればボルトカバー閉じるのかしら・・・。

ストック後部のカバーを外せばバッテリー交換ができる仕様
バッテリーコネクターはティーンズです。
CTRストックのほうがしっくりきそうです。
でもガタもなくしっかり固定できるんで悩ましいトコです・・・

ストックを外すとチューブは加工されたタイプでした。
バッテリーを内蔵しやすいように考えられています。
こういう細かいトコは素晴らしいなと感心。


簡単ではありますが、外観で気になったトコの超主観レビュー終わります。
試射してみましたが、サイクルは14発 初速は3桁でしたので載せれません(;´Д`)
店にデチューン代払ったんですけどねF○CKとメールしときますww
あのモーターが入ってるという話なのに異様に遅いサイクルも気になるトコです。
即分解して気合で今日なんとか試射できるトコまで仕上げます
AKも盛り上がってきたしね。  


Posted by あんP  at 19:50Comments(0)G&P sentry(MAGPUL)