スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年09月05日

DBOY  HK416 メカボカスタムの準備編

在庫管理ができてなくてHOPパッキンやチャンバーだけ必要だったので
秋田の武器商人さんに注文したパーツが到着
送料一番安いのにしてくれるので、少量のパーツでも安心して頼めて感謝してます(・∀・)

SHS製メタルチャンバー
SHS製HOPパッキン
SHS製セクターチップ
DA製M120スプリング
です。
M120スプリングは今後の出来次第で更なるサイクルを目指す為のものです。

前回メカボまでの道のりでしたので早速メカボを開けていきます。
ネジがだいぶナメ気味でしたのでこれもいずれ交換したいトコロ。
外装は想像以上の出来で満足しましたが、中身はどうでしょうかね。

いつもどおりの中華特有のグリスモリモリで熟成された物がこびりついてます。
そしてなんともいえない香りが辺り一面を覆います。
ハイサイクルにするのでジャンク箱行きのギアですが。

全てのパーツを外してチェックしながら使えるパーツを見ていきます。
シリンダーヘッドはノズルがガタガタだったり、タペットプレートは若干変形してたりと・・・
残ったパーツはスイッチ、シリンダー、SPガイドとなりました。
これらを一旦洗浄します。

ご存知の通り強化タイプメカボとSHS製ハイスピギアは干渉してポン付けでは回す事もできないです。
なので指している箇所を中心に干渉する部分を削ります。
リューターがあれば楽ですが、金工やすりでもいけると思います。
気合でひたすら干渉しなくなるまで削ります・・・削ります
ビフォー

アフター

ついでにこの部分も削り加工をしておくとVer2メカボで起こりやすい首割れを予防できるのでやっておきます。

削りが終わった後、再度洗浄して軽く磨きます
鏡面にする必要はないと思います安物ですし
その後今回は高耐久爆ハイサイ仕様ですので純正の7mmベアリングでは飛ぶ恐れ大なので
メタル軸受けに交換します。
こちらはいつも通り瞬間接着剤で固着をします。
ブラシタイプだと楽です。

あとはスイッチに接点グリスを塗って下準備を完成とします。
今回はまずお約束の組み合わせとDA製モーターでどれくらいのサイクルになるか試して
その後サイクルUPを狙っていこうと思います。
続く  


Posted by あんP  at 21:40Comments(2)DBOY製 HK416

2012年09月05日

DBOY HK416メカボまでの道のり 後編


前回に引き続きHK416をバラしていきます
ストックパイプは通常のM4とまったく同じなので省略w

使用予定のHK416ショートストックが装着できるか試します。
若干下部分が引っ掛かったのでヤスリで削りましたが無事装着
JG製のこのストックはボディの加工無しで付くので重宝しますね。

あとは各ピンを外していきます。

後ろ部分のピンは脱落防止の金属パーツが付いているので
力まかせに叩かないように。
この部分まで押せばメカボを外れます。

簡単ではありますが、これでメカボまでの道のりが終了です。
基本は典型的なM4と同じですのでポイントだけ抑えれば簡単です。


初速調整の方法はHOPパッキンカットでした
香港ショップのマニアならどこの店のデチューンかわかるでしょうねww
  
タグ :DBOYHK416分解


Posted by あんP  at 07:57Comments(2)DBOY製 HK416

2012年09月04日

DBOY HK416メカボまでの道のり 前編


色々な方のブログでも紹介されてますので省略!としようと思いましたが
気になるトコが何箇所かありましたのでまとめていきます。

まずRAS右側にある大きいネジを外します。
ナメやすそうなので注意して行います。

んでRASを前方に引き出します
配線などがありますのでゆっくり。

ガスチューブ?がありますのでこれは上に引き上げると簡単に外れます

そのあとバレルリングを手で回していきます。
固かったら無理やり外そうとせず専用器具を使いましょう

これでアッパーレシーバーを外す為の準備ができました。
配線はコネクターでつながれていますので外しておきます。

次はボディのこの部分をポンチて叩きます。
脱落防止のピンがついてますので力任せにやっても外れませんので
経過を見ながら丁寧にやります。
ボディからは完全に外れなくてもアッパーは分解できます。

次はグリップの取り外しです。
底面の左右のナットを外します。
ナメだしている&きちんと締まらないのでグリップ交換考慮します。

配線の取り回しを確認したらモーターを外します。

ギアノイズの原因がわかりました
ピニオンとタワーが外れてます。。
試射最低限でよかったです。

続く。  
タグ :HK416DBOY分解


Posted by あんP  at 22:51Comments(5)DBOY製 HK416

2012年09月02日

DBOY製 HK416到着!

この一週間は帰宅後あまりGUN弄りすることなくバテてました(;´Д`)
そんな事はさておき今日やっと注文していたGUNが届きました
HK417が出たというのに・・・今更HK416です。
最近調子に乗って高めの銃ばっか買っていたので自重してDBOY製ですw
噂通り発泡スチロールのカスまみれでした。

付属していたゴミオプションパーツです。
延長アウターバレル
グリップ
バッテリーセット
フリップアップ式フロントサイト
マガジンです。
バレル以外は多分ごみ箱いきだと思います。

早速外観をチェックしていきます。
香港でもう刻印入りが出回ってなかったのでだいぶ探しました。
反対側もばっちり刻印入りです。
そして地味ですが、ストックにもHKマーク
まぁストックは交換予定なので意味ないですが。。



お次はレイル部分をぱちり
思ってたよりはキレイでしたが、仕様かわかりませんが
下部レイルにtangodownタイプのグリップが付きません。。。どうしよ

セレクター部分は墨入ってません><
これはマーカーとかクレヨンで入れるしかないのでしょうかね
ちょっと調べて挑戦してみます。

グリップはTangoDownタイプ
見た目はすっきりしてて好きですが、私的には持ちにくいので交換したいなあ
予算と相談ですね。

ボルトキャッチは付いてません。
作動部分が少ないのはカスタム下手な私には好材料ですがリアルさには欠けますね。

マガジンハウスを撮影
配線は前方出しで外部バッテリーケースからソースを取ります。
外部に出すのはあまり好きじゃないので引き直します。
この配線とマガジンキャッチの精度が悪くてマガジンの掛かりがとても悪いです。

ニッスイ9.6Vをつないでさっそくサイクルと初速チェック
今回のお店はきちんと安全圏までデチューンしてくれてました。
とにかくすごいギアとスプリングの鳴りで撃つのがストレスですw

カスタム予定としては・・・
配線を後部に引き直します。
高電圧バッテリーでDAハイスピモーターをぶん回してみようと思います。
その為にストックは固定ストックに変更です。
メカボはまぁ・・・いつも通りな感じです。
では弄ってきます。
  


Posted by あんP  at 12:39Comments(2)DBOY製 HK416