スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年09月29日

DBOY SCAR-H ピスクラとハイサイ化開始

ここんとこイイ大人がゲームばっかしてるせいで更新が滞りがちです。
さて、前回試射をして一応完成としていたSCARですが・・・
給弾不良が起こった音がしてあわててトリガーを離したのですが
空回り音が(;´Д`)
あわててメカボを開封したらこの通り

ここまで見事だと気持ちがいいねw
というわけでヘッドだけ取り外して金属歯ピストンに移植します

せっかくだし、ハイサイクルにでもしてみるかな?と甘い考えで
SHS製13:1ギアに交換
セクターは前回の初速を考慮して引き始め3枚開放1枚にしました。

あとのパーツはそのままですので省略です。
メカボ組み込みの時に逆転ラッチが異様にぽんぽん跳ねるんで
ピンセットで固定して組み込みます

んでモーターをSHS製ハイトルクに交換して7.4Vで試射してみると
サイクルは23発くらいといい感じなのですが、なぜか初速が3桁
うーん セクカ4枚でなぜこんなに高いのかよくわからない。。
弾速機が逝ってるんじゃねえの?と八つ当たりをして一旦放置する事にします

???????

これはいったいなんだ???

思い出したくもない衝動買い銃が今日来たからです。

SCAR完成を後回しにしてまで弄りたい銃とは・・・次回のお楽しみであります。
  


Posted by あんP  at 12:08Comments(2)DBOY製 SCAR-H

2012年09月26日

DBOY SCAR-Hチャンバー交換と計測


前回メカボを組み立てしましたので
今回はチャンバー周りを調整して試射までいきたいと思います。
HOPパッキンがデチューンでカットされていて使い物になりませんので交換して終わり
といきたかったのですが・・・
まずチャンバーのHOPの精度が低く、急にHOPがかかるような動きをします。
交換したSHS製のパッキンがキツキツでチャンバーにうまく入りません
マルイ製のを使ってもダメでした。
今後のメンテを考えるとこの2つのパッキンを使えないと困るのでチャンバー自体を交換する事にしました
形状的にマルイの純正M4用チャンバーをヤフオクで購入して使ってみる事にします。
形も羽がついていない以外は問題なさそうです

組み込み時にノズルがきちんと定位置に収まるように工夫する点と
固定用のイモネジが使えない以外は問題なく使用でき一安心です。
んでやっと計測開始
今回は試運転用の9.6Vニッスイを使用です。

マルイノーマルのサイクルくらいですか。
ここも改善の余地ありでしょうか?
初速はバッチリ気密が取れている効果か計算よりかなり高めですね
ギリギリ過ぎるんでもうすこし調整が必要です。

とにかく・・・一応撃てるようになりました。
今後の課題としては
初速をもうすこし下げる
ギアのセッティングの見直し
外装弄り
でしょうか。
構成自体を見直して超ノーマルな中身にする事も視野に入れてプランを練り直します。
なんだかんだのハイサイというパターンもありですが。。

続く  
タグ :DBOYSCAR


Posted by あんP  at 00:00Comments(0)DBOY製 SCAR-H

2012年09月23日

DBOY SCARを分解していく②と調整

配線取り回し悩み中のあんPです。
せっかくですのでバレル関連も先にまとめておこうと思います。
アッパーにあるこのパーツのトルクスレンチを使うネジ2個とレンチで回す1個のネジを左右共に外します
これでチャンバー固定パーツとインナーバレルが外れます

んで固定パーツごと取り出してチャンバーを固定してる小さなイモネジを回します

日本に輸入する為のデチューンはHOPパッキンカットでした
簡単ですからね
この時はこんな事で問題が生じる事を知る由もなかったのです。。。

さてメカボに戻ります
左右からセレクターを稼動させる為のこのパーツは片方だけイモネジで外します。

あとはトントンと軽く叩いてメカボから引き抜けばOKです。
そして普通にメカボのネジを外していけば無事開封完了です。
手順を記していくと複雑に感じますけど、慣れればセレクター以外はコツはいらないので簡単ですよ^^

今回はノーマルギアを加工して少しだけサイクルを上げる程度にあえて留めて
コールオブデューティのSCARぽくレートは低いけど使いやすいコを再現したいと思います
ギアは通常のギアを引き始め2枚開放1枚カットしました。
もともとセクターチップは付いてました
写真撮り忘れました。
んで落ちる初速をM105スプリングを使用する事によりカバー
一応90前後になる予定です

スプリングガイドはベアリング付きのしっかりしたものでしたので
このまま使います

ピストンはお約束のセットを使う予定でしたが、ヘッドの径がシリンダーと合わず
干渉しまくって作動に影響ありそうなので純正のヘッドを外してSHS製14枚ピストンに移植しました

シリンダーは加速ホール付きでしたので、内外共にピカールで磨いて
セラグリスをたっぷり塗りたくっておきます。
純正のシリンダーヘッドはノズルがぐらついていて気密が取れません汗
M4のパーツが使えそうでしたのでELEMENTのアルミヘッドを初めて使ってみます
これ安いのに作りがしっかりしてて気密が取れてgood!でした
ちょっと買い溜めしとこうかなー


ノズルはなんかめっちゃ長いですw
これは代用パーツが見た事ないので大事にせねば・・・
パーツクリーナーで洗浄して使います。

タペットプレートはそれといって難がなかったのですが
なんとなくSHS製に交換します。

パーツ選びさえ終わればメカボ「は」ただのVer2なので特に困る事もなく
無事完成して蓋をしました。

香港でもHK417の予約開始しましたね
欧米の通販サイトを見たら417用の多弾マガジンもVFCから発売されてるようなので
ゲームでも楽に運用できそうです。
やっぱほしい・・・というわけで色々整理して買う方向で。
同時にCODMW装備プロジェクトも進めていかないとね(いつ始めたんだw

続く・・・  


Posted by あんP  at 10:41Comments(2)DBOY製 SCAR-H

2012年09月20日

DBOY SCARを分解していく①

何回か弄るとそこまで難しくないのですが、理解に苦しむ複雑さがあるので
一応メモ代わりに記していきます。
ロットによって分解方法が違うようなので自分のはどのタイプか把握するといいんではないかと。
私のは後方配線が接点式だったのでVFCのまんまコピーのようです。
そのせいでセレクターは楽でしたが、配線はムキー!!!です。
さて・・・
ストック基部の左右ネジ2個とリアサイトを立てると見える上方のネジを外します。
するとスルスルとストック丸々外れます

次はこの部分のピンを押し出します
脱落防止ピンがついてますので力まかせに叩かないように。

これでアッパーが分離します

まずはメカボを弄りたいのでバレル関係は後回しにして次はグリップを外します
これはM4とまったく同じ手順でネジを外していくだけですので省略します。


んで次はレシーバーのピンを抜きますといいたいところですが
これはダミーです・・・10分くらい叩いてましたww
メカボ後部のこのナットを回して外します

その後配線をとめているパーツを小さいネジを回して外します

マガジンキャッチの右側の丸いパーツをよく見るとイモネジがありますので回します。
んでこのような状態になります

マガジンハウスのネジを外してノズルに刺さっている透明パーツを外します

セレクターのイモネジを回して外します
ベアリングを使ってるので落として無くさないよう慎重に。

出てくるセレクターパーツのネジを外します。

この手順を左右行えば後はメカボをゆっくり上に持ち上げればほぼ終了です。
  
タグ :DBOYSCAR


Posted by あんP  at 21:22Comments(2)DBOY製 SCAR-H

2012年09月18日

DBOY SCAR-H到着

システム移行もなんとか終わりやっとブログを書く精神的余裕ができました。
さて表題の通り、本日到着はDBOYのSCARです
CODMW2での安定ぷりやデザインが好きでずっと欲しかったのですが
カスタムが難しいという噂で躊躇してました。
そうとう苦戦しそうですが、頑張っていきます。
品番でいうとSC-02 SCAR-Heavyとなります。
開封するとDBOYお約束の白カスまみれww

一緒に注文したのが、CYMAのMP5用のバナナ型多弾マガジンです

純正なのできちんと装着可能
MP5にドラムタイプは・・・と思ってたので在庫があってよかったです
外観もこの通りしっくりきますね

SCARの方をわくわくしながら気になるトコをみていく前に・・・
いきなり3箇所もパーツ外れが発覚
レイルとバレルを固定するネジ外れてまんねん

モーター底部の調整ネジが外れてまんねん

あとうまく写真撮れませんでしたが、フロントサイトを止めてるイモネジが無くなっていて
グラグラしてましたw
久々の中華クオリティを満喫しながら先に進みます。
レシーバーは残念ですが、刻印無しです
ということはダメージ加工に挑戦か!?

ストックは折りたためて持ち運びしやすいです
伸縮しますので自分にベストのポジションにしやすいです


メカボからの配線はVFCと同じ金具を使うタイプですので
配線は見せません。抵抗多そうでいやだなあ(;´Д`)

バッテリー交換はチークパット部分を上に開けるタイプでなく
ストック後部を外してバッテリーを収納します
配線が細くて交換したいのですが、どうやるんだろ・・・

ダメなとこはとことんダメでしたが、全体的には質感もあって
値段以上の所有欲を満たしてくれるガンだと思います。
地味に分解がめんどくさいのでなるべく細かく写真に撮っていこうと思います。
内部的にはちょいハイサイくらいでいいかなと思ってます。
  
タグ :DBOYSCAR


Posted by あんP  at 23:07Comments(0)DBOY製 SCAR-H