スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年01月09日

A&K MASADAで遊んでみる。

3万のゴミ本家MASADAちゃん弄りはパーツを色々香港で頼んで来週くらいに着らしいので
しばらく休止です
それまでに残り1個のスプリングピン外さないとね。。
カスタムをはじめて一年
色々な銃を弄ってきましたが、そろそろサバゲーでの装備も固定していこうかなと思って
そぐわない銃やパーツは大幅な整理を行っていこうと思います
といってもカスタムはペースは落ちますが、色々挑戦していこうと思いますので
今後ともよろしく

なんのこっちゃという流れでしたが、まぁそんな感じで今年は進んでいきます
んで題目通り今日はどっかのMASADAとは大違いのゲームでもバシバシとキルしてくれた
A&Kの方のモーターを更にバージョンアップして計測しました
前回はG&PのM120でしたが、今回はそれを更に上をいく
DA製 ハイスピードモーターです
詳細は過去記事を参考にしてください。
早速取り付けて実験開始
純正マグは給弾不良が多いのでG&P製です(色が合ってない)

お約束の7.4Vリポじゃアレなんで今回は試験運用中の
9.9V リフォを試してみます
充電直後なんでビンビンです。

いきなりの30発超え
初速もほぼこの数値で落ち着いてきてます
実用ギリギリのサイクルですねこれ以上はいらね。

・・・・
といっても試します
11.1Vリポ

少し暗いけど、39発ちょい
何度か撃ったけど給弾がこれ以上は厳しいみたいね
軽機にこのサイクルで陣地で撃ちまくりたいねw

オチはないです。

  


Posted by あんP  at 21:42Comments(0)A&K製 MASADA

2012年12月08日

A&K MASADA モーター交換と次回予告

帰宅して寝るまで2時間弱くらいしか無い日々がしばらく続いているので
銃弄りよりもBLACK OPS2でストレス発散してますw
といっても変えたいなと思っていたMASADAのモーターを注文していて
本日届きました。

最近お気に入りのG&PのM120です
リポで回してあげると、ハイスピモーター特有のトルク不足も感じず
かつ簡単にサイクルUPできます。
なにより安いですからね^^
本当はメカボを分解してベベルの辺りも見直さなきゃなんですが、手抜きでポン付け
前回と同じく0.2g No HOP 7.4Vリポにて計測した数値がこちら

簡単に5発程サイクルUP
十分な戦闘力です。

明日ゆっくり銃弄りする時間が取れそうなので買い溜めしておいた
こちらで遊んでいきます

どこのメーカーのAKかわかるかな?w
  
タグ :MASADAMAGPUL


Posted by あんP  at 23:33Comments(6)A&K製 MASADA

2012年12月03日

A&K  MASADA また買ったの?

だいぶ期間が空いてしまいました
だってCOD BO2やってたんですもんええ
年齢と共に反射神経が終わってきてるんであの展開の速さはどうにもついていけません
キルレも1.2をちょっと超えた位の雑魚ですが、コツコツ10周目指します。

さて表題の通り3週間くらいかかって香港からMASADA2号ちゃんが到着しました

これのメカボは後々弄ってくとして、前回作り置きしておいたのをぶち込みます
さてテイクダウンレィディ!

分解は過去記事を参考にね(自分も忘れてるw

ネジなめててチャンバーはずせません。。。
洗浄できないけど、まぁこのままやってみるかなと。
分解中・・・

モーターにこんだけ付いてるとなるとメカボはどんだけだ(;´Д`)
とまぁ相変わらず良いのは外装だけのMASADAちゃんを2丁買ったのは・・・

2TONEカラーです
性能の方も7.4Vリポ NO HOP 中華無印モーター使用でこんな感じ

モーター変えれば丁度良いハイサイになりそう^^v
初速も狙い通りなので後はHOPのかかり具合は実戦の時に確認ですね。

昨日だけでこれだけ荷物が届いたのでブログネタはしばらく困りそうもないです!

  
タグ :MASADAMAGPUL


Posted by あんP  at 19:02Comments(2)A&K製 MASADA

2012年11月22日

A&K MASADA メカボメンテ

ある計画の為組んで放置していたマサダちゃんを開封します。
前回でギアやピストン スプリングは交換してあります。
まずはパーツを全て外して全部洗浄
メカボもピカールで軽く磨きを行ってすっきり。

ぬお!
スプリングガイドが分離してたw
ゲームに持っていってなくてよかった。。。
余ってたベアリング付きに交換です

そして今回の目的はシリンダーを純正から加速シリンダーに交換です

あとは皮膜が破れかけてる箇所がありましたので配線を引き直しておしまいです。
今回はメカボをきちんと用意しておく事が目的ですので試運転だけです。
9.9V リフォ 延長用コネクターはヨーロピアンタイプに交換済み
バッテリーコネクターはXT60
モーターはそこらへんにあった中華モーター(無印)

25発以上はでてそうな感じですかね?
大きなノイズも無く軽快に動いてくれてるんでOKです。
この状態であるブツが届くのを待つとします  
タグ :MASADA


Posted by あんP  at 21:24Comments(2)A&K製 MASADA

2012年10月06日

A&K MASADA 分解(後編)

ここまで来たらあと一息
一気にメカボまで行っちゃいましょう

グリップ底部のネジを回し外します
ナメやすいので力まかせにしないようにね



モーターが見えてきますので配線の取り回しを覚えて引き抜きます。
モーターのシャフト穴が小さめなので少しはずれにくいです
ここも後で軽く加工する事にします



次はマガジンキャッチを外すのですが、まず写真部分を下に引きます



んで下に引いた状態で反対側にグイッと押し込んで
写真部分を半時計に手で回して外します



んでボディから取り出した状態です
大事なパーツですから無くさないようにね



後はセレクターを外すのですが、ここで一個工夫
ストックから見て右側のセレクターをセーフティより下の位置にして
このようにガムテか何かで固定しておきます
こちら側は常にこの状態の方が後の組み込みでも楽です。



んで左側もセーフティより下の位置に持ってきたらギアの噛み合わせが外れてるはずです
その後セレクターのイモネジを回して外します。
クリック感を出す為のベアリングが入ってるので無くさないように。
無くした私はベアリングピストンヘッドのを流用しましたw



後はメカボをゆっくり上に引き抜いて無事ご対面

あと1つ!
アンビギアの右側をマイナスドライバーで上に押し上げて外します。
組み込みの時は叩き入れないで静かに押し込んでください
私はヤスリでバリ取りした後にグリスを塗っておきました。
後は左側のパーツは外さないでメカボから引き抜いてください。





これで後はメカボを分解調整するだけですね
お疲れさまでした  


Posted by あんP  at 00:26Comments(0)A&K製 MASADA