スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年10月04日

A&K MASADA  分解(前編)

前回は前方のバレル周辺を分解していきました。
今回は一気にメカボ2歩手前?くらいまで薦めます
これもほぼ説明書通り丁寧に進めていけば簡単です
もちろんメカボを取り出したいだけなら省略して良い箇所がありますが
せっかく進化した機種ですから楽しんで分解しましょうw
■1■

ロアレシーバー後方 上のピンを反対側から指で押し出し有る程度まで飛び出してきたら
引っこ抜きます。固いようでしたらピンポンチを使ってください。

ピンを引き抜いたらアッパーをゆっくり上に引き上げてください
メカボから前方に配線が出ていますから丁寧に。


■2■

次はアッパーを完全に分離させる為にこの部分のピンを反対側から押し出し
これまた有る程度まで飛び出したら引き抜いてください。

これで完全に分離されました。
配線が地味に出し入れしずらい部分を通してハンドガードに向かうので
面倒な方は取り回しに気をつけながらこの状態でメカボまで分解してもいいと思います。


■3■

次はストックの取り外しになります
ロアレシーバーの下部分のピンを引き抜きます

説明書では手順が省略されていますが、ストックをまず折り曲げて
見えてくるこの六角ネジを外します。
これは組み立て時に締めすぎるとメカボを引っ張ってチャンバーとノズルの気密に影響を及ぼしますので
ベストポジションを見つけてください。

んでストック基部を下からトントンとゴムハンマーで叩いてあげれば外れます
私は平手で叩いて外しましたけどww


以上の手順をこなしていけばここまでバラバラになります
手順さえ覚えれば工具もたいしていりませんので楽チンです
  


Posted by あんP  at 00:13Comments(4)A&K製 MASADA

2012年10月02日

A&K MASADA バレル部分の取り外し

まずはフロント部分の取り外しになります
説明書ではバレル交換という項目です
この機種は基本的な分解方法は説明書で図解されていますので安心ですよ

まずはハンドガード部分のピンを抜きます
逆側から指で少し強く押すだけで外れます
かといってぐらついてるわけではないので簡単には取り回し中に外れないと思います。
そしてハンドガードを前に引っ張ればOK

次はアウターバレル部分の取り外し説明図です

ロックリングをまず下に下ろします
バレルをロックしているボタンを押しながら
ロックリングを利用して反時計側に力いっぱい回します
ホント思いっきりですよw

大丈夫か?と心配になる位でやっと回ってこのような状態になります。

こうなれば後は配線を巻き込まないように注意しながら前に引っ張れば
チャンバーごと外れます

ここで後々の為に1つやっておきます
M4系のデルタリングをリアルサイズなどに変更する際に行うねじ山加工です
当りを見ながらねじ山自体を削らないよう確認しながら行います
これで着脱も力任せにしないでもスムーズに行えるようになります。

  
タグ :MASADA分解


Posted by あんP  at 23:04Comments(0)A&K製 MASADA

2012年10月01日

A&K MASADA到着

SCARの初速問題はスプリングを注文しました
交換しても下がらないようならノズル削りしかないのかな。。
まぁ分解して撃てないようにして後回し。

さてずっと欲しかった銃の1つ
MASADAの到着です。
本当はマグプル製が良かったのですが、まずは安物で練習ですねw
しかしながら箱は安物中華とは思えないしっかりとしたつくりですよ。

今回もお店でデチューンをお願いしておきました、
証明がきちんと書いてありますので大丈夫でしょう。。

いざ開封!
一緒に注文したパーツが無造作に放り込まれていますが、きちんとしてます
発泡スチロールのカスは今回は少しだけでしたw

一緒に注文したパーツは・・・
いつものSHS製のハイスピギアと
補修パーツであるメタルチャンバーとメタルノズルです。
あくまで「補修」なので性能は純正と大差ないそうですが、割れたりしない分マシでしょうね
一部のパーツを純正から流用して組み立てるようです

注文したロットは一応刻印入り
メイドインチャイナの文字が逆にマイナスですけどね。


そしてマグプルの公式という証明ホログラムが付いてました

純正のマガジンは写真の通りデザインは良いのですが
精度が悪くハウジング内でグラつきます汗
G&PのMAGだとピッタリでしたのでそちらを使って試射を行います

デチューンはきちんとされているようで初速は1J内
きちんとシム調整がされているのか比較的ノイズが少なめで快調。
ただゲームで使うには初速が低すぎるので結局バラしますけど。

これをUPする時点ではもうカスタムは一段落したのですが
分解やセレクターで意外に苦戦しましたので備忘録を兼ねて写真を撮り直して
わかりやすくまとめていこうと思います。
慣れればとっても簡単ですので是非躊躇してる方の背中を押せればと!
でもでもHOPはホントだめだめですね(;´Д`)
良いアイデアがあったら教えてください・・・

続く  


Posted by あんP  at 15:42Comments(2)A&K製 MASADA