スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年11月18日

KINGARMS P90 BOXマガジン到着

サボってたわけじゃありません
尖閣問題が絡んでるのか、何なのか想像以上に香港からの荷物が遅くて
今週からやっとドカッと一気に注文したものが来る感じですので。

前の記事でチラッと話したBOXマガジンが到着
現地価格で2800円くらい
給弾不良問題がハイサイ用マガジン購入で解決した今・・・
必要ないといえばないのですがw

マグプルマガジンを使いたかっただけですハイ
取り付け時に一旦アッパーを外す手間が必要だけど
外観がけっこう変化あるし、安かった割りには満足
しかし問題が発生
ヤフオクで5000発980円という脅威の安さのBB弾を使用した途端
まったく給弾されない始末(;´Д`)
このマガジンだけならまだしも、P90専用マガジンでもHK416でもダメ
これが安物買いのなんとかです素直にマルイバイオを買うべきでした。。

そしてもう1つがこちら

インフレイムズフレイムの9.9Vのリフォです
リフォというとこのメーカーしか思いつかなかったのでとりあえず購入
リポだと極端なカスタムしかできなかったのが不満でしたので
これでだいぶカスタムに幅が持てるようになると思います
・ノーマルタイプ:7.4V
・ハイサイタイプ:9.9V
・鬼ハイサイタイプ11.1V
って感じにね
これについては次回のカスタムでのお楽しみで
あっ、この計画の為に多機能充電器を買っておいたのでバッチリです
<
リポやリフォはもちろんニッスイニッケルも充電できるんです
この機種に決めた理由はデフォ配線がXT60だっただけですけどw

久々のブログでまとまりがありませんが。。。  
タグ :KingarmsP90


Posted by あんP  at 18:33Comments(3)KING ARMS製 P90

2012年11月07日

KINGARMS P90 再計測

前回あれこれ弄って計測忘れてました。。。
シム調整が静音を意識してタイト気味でしたので
スパーの上を0.1少なくしました。
あとモーターをSHSハイトルクに変更

0.2g NO HOPで7.4V

サイクルもほぼマルイハイサイと同等で初速が90台
狙い通り^^v
ではではせっかくFETを組み込んだので11.1Vも

このセッティングだとこれくらいかな?
けっこう無理やり回してる感じがするのでこれはフィールドでは使えないですねw

最近はリポを使用する前提でカスタムをしてきたのですが・・・
7.4VだとサイクルUPはそこまで望めず
11.1Vだと極端に上がってしまうので中々使い勝手が悪い
というわけで実験も兼ねてあのバッテリーを注文してみました。
新しく買った充電器がマルチなので色々遊べますから。
ではでは。
  


Posted by あんP  at 22:00Comments(2)KING ARMS製 P90

2012年11月05日

KINGARMS P90 外装弄りと内部手直し その1

写真が微妙に暗いのはご愛嬌
王道ともいえるパーツで組んでみました。
サイレンサーはKS製のP90用サイレンサー
お値段は現地価格で12ドル強
ちなみにCCW=反時計回りであれば、専用とか関係なく付きますヨ

サイトはなぜか家にあったマルイのプロサイト
これは想定外のかっこよさ
マルイ製だけあってドット位置も調整きちんとできるから実戦向きですね

シングルスリングを装着したいが為に購入
KINGARMS製のリアスリングマウント
お値段は現地価格で28ドル弱
P90はとても軽いからシングルでも身体への負担が少なくて楽チンです。

うん・・・いいね・・・キレイにまとまってる。
レイルつけたりBOXマガジンつけたりして
もうP90じゃなくてよくね?ってやるつもりでしたがどうしよう。。。

内部の方もだいぶ改善が進みました。
写真撮り忘れたのですが、ヤフオクでマルイ純正チャンバーとバレルが売っていたので
相場も考えずに購入
ポン付け余裕でした。
しかし初速を計測するとけっこう危ない数値まで上がってしまったので
あわててギアを一枚カットして初速を落としました。
これで引き始め3枚開放1枚ですね
サイクルも少しあがってくれるといいな。

あとセミが不調だったのでスイッチを分解したら
形は微妙に変形していて接点していませんでした(;´Д`)
ここは整形?して接点グリスを塗って無事解決となりました。

配線はM4向けのFETセットが1個余ってましたのでつけてみました。
配線の取り回しに余裕があるP90ならではの流用ですw
マルイ製だとヒューズがある場所にFETを置いて完成です。
FETつけてもセミの時は若干火花が散るのは気のせいだと思いたい。

そして純正のマガジンは基本マルイのコピーですから給弾不良の問題も引き継いでます
なので思い切って買ってしまいました!
マルイ製 ハイサイ対応マガジン

ネットであれこれ調べたら賛否両論で心配でしたが
1マグ試射では詰まりを起こさず11.1V運用時の35発サイクルにも問題無しでした(・∀・)
さすがマルイ
でも改善遅いYO

大体の問題が一気に片付いたので来週のゲームで使うのが楽しみです
静音化もしやすい構造なのでお手軽な奴を今度試してみます。

うーんKA製のTANカラーも欲しい・・・  
タグ :KingarmsP90


Posted by あんP  at 22:39Comments(0)KING ARMS製 P90

2012年10月31日

KINGARMS P90 試射と煮詰め開始

前回メカボを仮組みしましたので次はモーターを交換します。
おっとその前にスプリングを指し入れます
ホントこのシステムは楽ですね
多分DA製のM105を入れたと思いますw

今回はなんとストックしてあったEG-1000を入れてみます!
モーター交換方法はまず上部にあるネジを回し外します

あとは上下2箇所がフックで固定されてるのでずらして外します
すこし外すのにコツがいりますが、現物をいじれば簡単です。
そしてモーターを交換します
スプリングの位置と底につける板を忘れないようにしましょう

今回は配線が一見細いのですが、銅線は太いのでこのまま使ってみます
バッテリーコネクターはいつものXT60です

あとはバレルを洗浄する為にチャンバーから外したら
ん?押しゴムが入ってませんでしたね。。
HOPパッキン共々マルイ製にしておきます

とりあえずかなり大雑把に進めましたが、無事仮組み完成
0.2g BB弾 NO HOP 7.4Vで試射の数値

ん・・・バッテリーが充電がMAXでないにしてもこの数値は少し不満です
22発位のセッティングのはずなんですが。。
給弾不良とかあるのかな?と確認を含めて11.1Vでぶん回してみます

こちらも予想より2~3発サイクルが遅いですね。。
初速はボチボチですし、作動音などはだいぶ静かになったのはいいのですが
これは納得いかんぞ(;´Д`)
というわけで以下のものを改善していきます。

・サイクルは軸受けのベアリングの作動が渋いようなので交換予定
それと併せてシム調整とボックス内のクリアランス再チェック
・配線の取り回しがかなり楽なので太い配線にして効率化をはかる
またはFETを導入しちゃう?
・HOPのかかりが純正は少し弱い気がするのでマルイ製に交換
・スイッチの作動がイマイチでセミが撃てなかったりするので弄る
特に気になったのはこれくらいでしょうか?
モーターは今の時点だとサイクルが大差なかったので純正に戻します
いい数値が出るようになったらM120とかにしちゃおうかなと思います

続く  
タグ :KingarmsP90


Posted by あんP  at 22:04Comments(2)KING ARMS製 P90

2012年10月29日

KINGARMS P90 メカボ内部をハイサイ仕様に

はじめてのverのボックスですが、基本的な構造は変わらないので
そこまで苦戦せずにいけそうです。
むしろスイッチなどが分離している分不調の原因などが探りやすくていいですね。
まずはすべてのパーツを外した状態の写真
中華の常識を打ち破るキレイなメカボ
少し寂しい・・・。

これだけキレイだと洗面所でキレイキレイの刑にしないでOK
パーツクリーナーとティッシュで軽く洗浄の手抜きです。
今回は専用パーツが多いのでギアとピストンくらいしか交換できるパーツを持ってません。。
KAのギアは精度が良かったのでもったいないとは思いつつも
いつものSHS製の13:1ギア
引き始め2枚 開放1枚をあらかじめカットしておきました。
セクターチップはDA製を装着します。

ここでポン付けできたら楽チンですがそういう訳にはいかず
今回はセクターギアがメカボに干渉して回りません
というわけでこの箇所をリューターで削ります
んで下の写真くらいまで削るとカタカタと回せるようになりました^^
今回は静音重視なのでシム調整もかなりタイト気味に行いました。
いつもはけっこう適当余裕を持たしてますw


シリンダーは加速タイプが入ってました。
比較的キレイでしたが、洗浄後ピカールで内外共に磨きます
これだけ磨けばスッキリです。

あと注意するのはタペットプレートの形状が特殊でスプリングを
写真のように設置する位でしょうか。

あとはSHSのALL金属14枚とELEMENTヘッドのお約束パーツを組み込んで
各箇所にグリスを多めに塗って完了です

次回はモーターを交換したりバッテリー端子を交換していざ試射となります。
うーん簡単だwww
と調子に乗っていたら落とし穴がある事をこの時私は知らなかった
続く
  


Posted by あんP  at 22:05Comments(2)KING ARMS製 P90