2012年08月04日

ACM製M7A1メカボ開封01

今回は一応これらのパーツを用意しておきました。
スプリングとギアは有無も言わさず交換でその他は様子を見ながらです。

メカボ開封までの手順はAEG製とまったく同じです。
変わってる点といえばグリップの配線取り回しくらいでしょうか。
最近の中華銃ってこのパターン多いなあ。
モーターは久々に机モーターでしたw


メカボ開封
軸受けは7mmベアリングでしたが、固着されてない為開封時に外れてます。
加速シリンダーでした。
それといって特徴のない強化メカボです。

今回もSHS製強化ギアを入れますので、干渉する部分を削ります。
全てのパーツを外して軽く洗浄した後、2箇所をリューターで削りました。
Before

after

before

after

削った箇所も含めて耐水ペーパーとピカールで仕上げます。

それなりに仕上がったら、軸受けを瞬間接着剤で固着します。
ブラシ付きの細かい部分に塗るのに便利です。
私はこれを薦められて使ってます

スプリングはSHSM100に交換
スプリングガイドはELEMENT製ベアリング付に交換
ギアはセクターを引き始めを2枚カットしてDA製チップを装着しました。

ピストンはSHS製14枚歯とELEMENT製樹脂製ヘッドに交換
タペットプレートはか弱かったのでSHS製強化タイプに交換
それ以外は気密も取れてましたのでこのままいきます。
仮組みなので配線もそのままでいきます。

モーターをSHS製ハイトルクにして試射
9.6Vニッスイ 0.2gで計測

初速もセクカ2枚でちょうど良かった(・∀・)

問題点
セミオートがフルになる。
カットオフレバーを再度チェックして多分交換です。
ベベルギアの鳴きが時々出る。
配線
この辺を踏まえて次回調整していきます。






同じカテゴリー(ACM製M7A1)の記事画像
ACM製 M7A1 ODカラーにする。
ACM製M7A1 実測
M7A1最終調整
ACM製 M7A1 調整難航
ACM製 M7A1 外装は決まったが・・・
ACM製M7A1到着とレビュー
同じカテゴリー(ACM製M7A1)の記事
 ACM製 M7A1 ODカラーにする。 (2012-08-27 23:58)
 ACM製M7A1 実測 (2012-08-15 22:05)
 M7A1最終調整 (2012-08-14 22:49)
 ACM製 M7A1 調整難航 (2012-08-12 17:29)
 ACM製 M7A1 外装は決まったが・・・ (2012-08-07 22:02)
 ACM製M7A1到着とレビュー (2012-08-04 12:24)

Posted by あんP  at 23:51 │Comments(4)ACM製M7A1

この記事へのコメント
またまた勉強になりました!

今後の参考になります!
Posted by ノムチンノムチン at 2012年08月05日 01:18
そろそろカスタム暦も半年くらいになるので
流行の長掛けHOPとか流速とかそろそろ挑戦したいものですね。。
Posted by あんPあんP at 2012年08月05日 10:40
あんPさんこんにちは
質問させていただきたいのですが。
エーモンの配線使われていますが何sqの配線ですか?
そして、使用中配線が熱くなることや通電効率による連射速度の変化はありませんか?
Posted by kenji at 2013年01月08日 15:28
kenjiさん はじめまして
通常は0.75を使用してます
取り回しに余裕があれば1.25って感じで使い分けてます
負担のかかるようなセッティングになってない限り、配線が熱くなるのは気になった事ないですね。
ずば抜けて効率がいい訳ではありませんが、狙った数値が安定して出ますしなにより値段が安いので重宝しますw
Posted by あんPあんP at 2013年01月08日 17:23
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。