2012年08月08日

BW-15 やっと完成。


お預けとなっていたダストカバーのギミックやチャージングハンドルの問題
この救世主となりうるパーツが香港より届いていたようです。

チャージングハンドルを引っ張るスプリングはビロンビロンに伸びていたので
何巻きかカットしてテンションを維持できるようにしました。
あとはへし折れていたパーツを交換しておしまいです。
そして肝心の作動は試しにUPした動画にて。
かなりおっかなびっくりなので勢い悪いですが、きちんと作動しましたよ。
これでこの機種は一応完成となります。
ご清聴ありがとうございました。






同じカテゴリー(Kingarms製 BW-15 CQB)の記事画像
BW-15 ハイサイクル カスタム 
BW-15 スプリング交換と計測
BW-15  試射と悩み継続
BW-15 メカボ仮組み
BW-15 メカボ調整 準備編
BW-15 メカボへの道 長編
同じカテゴリー(Kingarms製 BW-15 CQB)の記事
 BW-15 ハイサイクル カスタム  (2012-07-29 08:53)
 BW-15 スプリング交換と計測 (2012-07-28 13:22)
 BW-15  試射と悩み継続 (2012-07-25 22:06)
 BW-15 メカボ仮組み (2012-07-24 12:00)
 BW-15 メカボ調整 準備編 (2012-07-24 00:00)
 BW-15 メカボへの道 長編 (2012-07-23 20:00)

Posted by あんP  at 18:22 │Comments(2)Kingarms製 BW-15 CQB

この記事へのコメント
ほうほう、スプリングをカットですか!
端の形成は自分でやる感じなんですか?

僕もやってみよかな!?
Posted by ノムチンノムチン at 2012年08月08日 19:12
どういう症状かわからないのでなんともですけど・・・
私のは切った事でテンションが保ててボルトカバーを開く為のボタン?をキチンと引っ掛けてくれるようになりました^^v
スプリングはカットした後ネジで固定できるようにペンチで丸めた程度の加工ですよw

チャンバーが干渉してうまく作動しない場合もあるみたいなので、アッパーフレームだけの状態であれこれ弄って構造を理解すると意外と簡単な原因かもしれませんよ。
射撃には関係ないけど、かっこいい箇所ですからちゃんと動くようになってほしいですねー。
Posted by あんPあんP at 2012年08月08日 19:56
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。