2012年08月22日

G&P sentry メカボ開封と調整

これぞM4という位特別なギミックもありませんから
メカボまでの写真は省略
1つだけ気になったのはココ
モーターと配線がネジで固定されてます
太い線使ってるからはずれやすいんですかね
取り外しは面倒ですが、1つトラブルの原因が無くなるので私は気に入りました。

付属のモーターはコスパ高いと評判のハイスピモーター
M120が入ってました。
ピニオンが弱いとよくネットに書いてありますけど、ロットによって違う可能性もありますから
今回はそのまま使ってみます。

あと見にくいですけど。グリップがネジ4つで固定されてました。
それだけM120のパワーがすごいのか・・・ゴクッ

ロックピンが異様に固かったのですが、グリップを外すと驚く程簡単に外れました。
というわけで早速メカボ開封です。

グリスがパーツと合わせてなのか真っ赤でした
パーツを全て外して洗浄しました。
ギアに干渉しそうな箇所を削った後、軽く磨きます。
その後瞬間接着剤で軸受をしっかり固定しました。

今回もお約束のSHS製13:1ギアを使います。
引き始め2枚開放1枚カット加工を施しました。
その後シム調整します。

後は用意していたパーツを組み込んでいきます。
今回も秋田の武器商人さんにお世話になりました。
まずはタペットプレート
DA製 処分価格で買ったのが偶然他のパーツと同じ赤になりましたw

純正はフルシリンダーでしたので、加速タイプに交換です。

スプリングは最近定番化してるDA製のM100です。

スプリングガイドはDA製のベアリング付にします

ピストンは前日に用意しておいたSHS14枚歯です。
ピストンヘッドのネジ部分はネジロック剤を使ってあります。

部品を用意してなかったので交換できませんでしたが
スイッチ部分も少し作りが雑で接点部分がおかしい気がします。
様子を見てみます。

あと写真では見にくいですが、トリガーのバネがL字型なのですが
そのL部分を差し込む箇所がメカボ側にないのでスイッチ関連に干渉しそうです。
なのでプチンと切って通常の形にしてしまいましたw

というわけで今回使った純正パーツは・・・
ノズルと逆転防止ラッチとスイッチと配線となりました。
配線はかなり太いのを使ってますから通電効率は期待できそうですね。
メカボを閉めてレシーバーに組み込みます。
そして純正グリップは手の大きな私には持ちにくいのでマグプルのMIADタイプに交換しました。
んで試運転

7.4Vリポでこの速さ
M120良いですねちょっと見直しました。
試射が楽しみです。

続く






同じカテゴリー(G&P sentry(MAGPUL))の記事画像
G&P  sentry バレル洗浄と計測
G&P sentry 到着!
同じカテゴリー(G&P sentry(MAGPUL))の記事
 G&P sentry バレル洗浄と計測 (2012-08-23 00:05)
 G&P sentry 到着! (2012-08-22 19:50)

Posted by あんP  at 21:47 │Comments(2)G&P sentry(MAGPUL)

この記事へのコメント
普段殆どフルで撃たない&CQBなんで、ハイサイはやらない主義なんですが、そのセミのキレは魅力的ですね!
Posted by ノムチンノムチン at 2012年08月22日 23:42
トルクなさそうなモーター&ハイスピギアですがリポのおかげでパスパスですねw
自分が使ったモーターの中ではEG-1000がニッスイでも一番セミ切れよかったです!
Posted by あんPあんP at 2012年08月22日 23:54
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。