2012年09月05日

DBOY  HK416 メカボカスタムの準備編

在庫管理ができてなくてHOPパッキンやチャンバーだけ必要だったので
秋田の武器商人さんに注文したパーツが到着
送料一番安いのにしてくれるので、少量のパーツでも安心して頼めて感謝してます(・∀・)

SHS製メタルチャンバー
SHS製HOPパッキン
SHS製セクターチップ
DA製M120スプリング
です。
M120スプリングは今後の出来次第で更なるサイクルを目指す為のものです。

前回メカボまでの道のりでしたので早速メカボを開けていきます。
ネジがだいぶナメ気味でしたのでこれもいずれ交換したいトコロ。
外装は想像以上の出来で満足しましたが、中身はどうでしょうかね。

いつもどおりの中華特有のグリスモリモリで熟成された物がこびりついてます。
そしてなんともいえない香りが辺り一面を覆います。
ハイサイクルにするのでジャンク箱行きのギアですが。

全てのパーツを外してチェックしながら使えるパーツを見ていきます。
シリンダーヘッドはノズルがガタガタだったり、タペットプレートは若干変形してたりと・・・
残ったパーツはスイッチ、シリンダー、SPガイドとなりました。
これらを一旦洗浄します。

ご存知の通り強化タイプメカボとSHS製ハイスピギアは干渉してポン付けでは回す事もできないです。
なので指している箇所を中心に干渉する部分を削ります。
リューターがあれば楽ですが、金工やすりでもいけると思います。
気合でひたすら干渉しなくなるまで削ります・・・削ります
ビフォー

アフター

ついでにこの部分も削り加工をしておくとVer2メカボで起こりやすい首割れを予防できるのでやっておきます。

削りが終わった後、再度洗浄して軽く磨きます
鏡面にする必要はないと思います安物ですし
その後今回は高耐久爆ハイサイ仕様ですので純正の7mmベアリングでは飛ぶ恐れ大なので
メタル軸受けに交換します。
こちらはいつも通り瞬間接着剤で固着をします。
ブラシタイプだと楽です。

あとはスイッチに接点グリスを塗って下準備を完成とします。
今回はまずお約束の組み合わせとDA製モーターでどれくらいのサイクルになるか試して
その後サイクルUPを狙っていこうと思います。
続く





同じカテゴリー(DBOY製 HK416)の記事画像
DBOY HK416 更なるハイサイクル加工を施してみる。
DBOY HK416 マガジンキャッチ交換
DBOY HK416 大台突破
DBOY HK416 チャンバー交換とサイクル計測
DBOY HK416 メカボ組み立て
DBOY HK416メカボまでの道のり 後編
同じカテゴリー(DBOY製 HK416)の記事
 DBOY HK416 更なるハイサイクル加工を施してみる。 (2012-09-14 22:37)
 DBOY HK416 マガジンキャッチ交換 (2012-09-10 22:33)
 DBOY HK416 大台突破 (2012-09-07 23:31)
 DBOY HK416 チャンバー交換とサイクル計測 (2012-09-06 23:27)
 DBOY HK416 メカボ組み立て (2012-09-06 12:00)
 DBOY HK416メカボまでの道のり 後編 (2012-09-05 07:57)

Posted by あんP  at 21:40 │Comments(2)DBOY製 HK416

この記事へのコメント
よく出てくる「秋田の武器商人」さんはパーツ類が豊富なんですか~~??

僕はいつもパーツ類は店舗に買いに行くんでネットはあまり利用しないんですが気になりますね!!
Posted by ノムチン at 2012年09月05日 23:01
ハイサイカスタムに使う中華系のパーツの品揃えが私のツボなんで愛用してます。安くカスタムしたい私には神店ですねw

職場に近いんでアキバの中華パーツ扱ってる店にチェックしにいくんですが、在庫管理が悪いのかいつも定番商品が品切れなんで通販ばっかになってしまいましたね汗
Posted by あんPあんP at 2012年09月05日 23:55
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。