2012年09月14日

DBOY HK416 更なるハイサイクル加工を施してみる。

この一週間は会社のシステム移行の準備でドタバタしてて
あまり銃弄りできませんでした。
夜なべしてちょっとずつ加工したり用意しておいたパーツを組み込んでみます。
まずは6枚カット済みのセクターギアです
今回は引き始め4枚 開放2枚です

そしてセクターギアをカットする事によって生じる初速の落ちを補うのと
ピストンの動きとギアの回転が一致してピスクラを起こさないように
今回はSHS製のM120というかなり強いスプリングの出番です

その他の使用パーツの消耗具合をチェックしましたが
まだ1000発程度の試射なのでグリスが拭き散った以外は
特に問題ありませんでした
このまま組んでいきます。

では11.1Vで試運転

ひぇええ
前回より明らかにやばい音になってます
トリガーひきっぱに出来ません。
ボディとの振動やモーターの音がうるさいw
期待で胸を膨らませて実測してみましたが
給弾が追いついてないようでサイクルは40発で止まります><
初速は80台後半でまとまってくれたんですけどね。
また挑戦してみます。  


Posted by あんP  at 22:37Comments(2)DBOY製 HK416

2012年09月10日

DBOY HK416 マガジンキャッチ交換

ずっと気になっていたマガジンのぐらつきを直します。
といってもマルイSR-16のマガジンキャッチに交換するだけですが。
ヤフオクで500円で落札しました。
小さいパーツはなんだかんだいってマルイが一番ですもん

まったく下調べしてませんでしたが
無事DBOYのHK416にも無加工で取り付けられました。
やっぱネジ式の方が私は楽でいいなあ

そして肝心のマガジンの状態ですがきっちり固定されます
よかったよかった。
調子に乗ってG&P製のE-MAG挿してみましたが、削り加工をしないと無理ですね。

次は地味にMP5で気になったトコを弄っていこうと思います。
気になったトコを失敗してもいいからやってかないとカスタム上手にならないですしね
何事も経験!!  


Posted by あんP  at 22:33Comments(2)DBOY製 HK416

2012年09月07日

DBOY HK416 大台突破

昨日のリベンジです。
交換予定ですが、グリップの当りを微調整して再度計測
環境は前回と同じ
11.1V リポ 0.2gBB NO HOPです

セクカ3枚のハイスピギアでこんな簡単にサイクル40発を超えてしまうのは
私のセッティングが最高だからだな
モーターとなんといっても11.1Vリポの力が大きいですね。
予定では38発と微妙に足らずセクカ6枚構成で
「43発うはww」
だったんですが・・・
今の構成なら7.4Vでも27発程度で作動させれますので使い勝手はいいですね
飽きたらもう一度組み直して限界まで回してみますw

なんでこんなに足早に更新したかというとまた「衝動買い」してしまった銃が
明日届くのです。。
まぁこれまた今更感たっぷりの銃ですが、初めてのモデルなので楽しみです♪
  


Posted by あんP  at 23:31Comments(0)DBOY製 HK416

2012年09月06日

DBOY HK416 チャンバー交換とサイクル計測




分解時にチャンバーをサラっとチェックしましたが
樹脂製でした。材質はともかくHOPの掛かりがまれに見る位最悪の状態でしたので
SHS製チャンバーに交換します。
チャンバーは一旦バラしてパーツクリーナーで洗浄しておきました。
インナーバレルは内部を清掃して外は自己満足ですがピカールで磨きます。
ほtんど撃っていないのにこの汚れ(;´Д`)

上記の調整を行った後早速組み込んで計測です。
DAハイスピードモーターとセクカ3枚でどれ位のサイクルが出るのか?
マガジンキャッチをまだ交換していないのでマガジンががたつくので押さえて計測ですw
11.1V 0.2g NO HOPという環境です。
まずはセミ
写真撮り忘れましたが前回不安視していたノズルの動きも特に影響はなくきちんと一発ずつ出ます。
いよいよフル
グリップ調整が仮なのでノイズがしますが、今まで聴いた事ない音で弾が発射されます

39発・・・惜しいですね
40発いきませんでした
この構成でもシム調整を更に詰めて行いピニオンとベベルの当りもきちんと行えば大台超えそうですね
M120スプリング入れてセクカ6枚にしたらどうなってしまうのかも見てみたいですねww
まぁこれで満足せず、まだまだ弄って上を目指します。
  


Posted by あんP  at 23:27Comments(0)DBOY製 HK416

2012年09月06日

DBOY HK416 メカボ組み立て

VFCのHK417がアジア圏は今月末くらい販売なんですかね
ちらほら予約受付中の告知が。
動画や写真で見るVFC製の外装の良さに衝動が抑えきれなくなっている今日この頃
人柱になりたいというM心も少しだけありますねw
香港で買っても送料や関税考えたら大差ないので今回は日本のSHOPで買うかな
いつもパーツ購入でお世話になってるトコで販売してほしいですな(チラッ
秋に久々に開催する社員旅行が全員でサバゲ→キャバクラ→更なる夜の闇へ
という計画のようでウチの会社はしばらく安泰だと思います。
能天気こそサバイバルに必要ですからねww

いつもどおりのカスタム内容ですのでサラッと・・・
交換する主なパーツ
純正はノズルがグラグラと揺れてしまっていて気密どころでなかったので
DA製に交換
こちらはOリングも予備も付いていて気密をかなり意識した商品で期待大

今回もSHS製13:1ギアにセクターチップを搭載
引き始め2枚開放1枚の定番セクカを行っています。
スプリングはセクカで下がる初速から逆算して
今回はELEMENT製M105を使用します。
これで大体初速90~93位になると思います。

ピストンはSHS製ALL金属14枚歯を使用します。
ヘッドはELEMENT製樹脂タイプです。
最近は数セット一気に洗浄とバリ取りなどを行い
プラスチックを侵食しないタイプのネジロック剤で固着しています。
以前は瞬間接着剤を使用していましたが、衝撃に弱いのではないかと疑問を持ち出したんで。。

シリンダーは純正をピカールで外と内部を磨いてセラグリスを薄く塗りました。

その他のパーツはノズルとスイッチは純正
ノズルはSHS製アルミノズル
タペットプレートはSHS製強化タイプです。
丈夫でなんといっても安いですからw
SPガイドは純正がまさかのベアリング付でなかなかのモノでしたのでそのまま使ってみます。
配線はLandarms製の安物FETが余っていたので繋いだのですが、配線ミスなどしていないのに
煙を噴出し5秒で死んだので今回もイーモンの配線で逝きます。。。
あとは各箇所にグリスを塗ってメカボを閉じます。

グリップはMOEグリップにしたいのですが、在庫はないので注文入荷待ちです。
しかしここまで組んで我慢できる訳もなくSR-16に取り付けていたMIADグリップを外して代替
きっちりはまらないのでかなりヤスリで削ってしまいました。
それでも少しギア鳴りがします。
まぁ・・・とにかくZIPPYのリポ11.1Vで試運転

動画で見て気づいたのですが、セミの時のノズルの動きが・・・
どちらにせよ実射してみればわかるでしょう。
良くも悪くも計測が楽しみです
続く。  


Posted by あんP  at 12:00Comments(0)DBOY製 HK416